content_pasteM&A考察

社宅アウトソーシングの日本社宅サービス、不動産管理業務の全日総管理を完全子会社化


7月10日、社宅アウトソーシング事業を行う日本社宅サービスは、不動産管理業務の全日総管理を株式交換により完全子会社化すると発表した。なお、株式取得価額は5憶9,900万円。株式交換の効力発生日は8月1日。

買収理由

日本社宅サービスは、全日総管理が培った首都圏を中心とした各種不動産の原状回復工事、リフォーム工事、クリーニングのノウハウが日本社宅サービスグループの売り上げ向上、収益向上に貢献できると判断したため本買収を行った。

M&Aサマリー

2017.7.10 買い手企業 売り手企業
社名 日本社宅サービス株式会社 株式会社全日総管理
属性 東証2部 非上場
業種事業内容 住宅制度運営のアウトソーシン グ事業等 不動産の管理業務等
設立年 1998年10月6日 1995年4月11日
本社所在地 東京都新宿区箪笥町35番地 東京都新宿区新宿七丁目 26番 61号
社員数 590名 50名
資本金 7億1,300万円 1,000万円
直近の売上高 70億1,800万円 5億5,000万円
直近の営業利益 6億1,500万円 2,100万円
純資産 36億3,100万円 4,500万円
負債 23億8,700万円 3億9,000万円
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 5憶9,900万円(交付した株式の時価)
※1.実質売却額 9億8,900万円
譲渡スキーム 株式交換
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 収益力の強化 不明

1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社全日総管理 の概要

会社名:株式会社全日総管理

代表取締役: 長友 孝祥

所在:東京都新宿区新宿七丁目 26番 61号

株主構成:長友 孝祥100%