content_pasteM&A考察

PCIホールディングス、コンピュータ機器販売シー・エル・シーの全株式を取得し子会社化



2017年7月19日、情報サービス事業を行う東証一部上場の
PCIホールディングスは、コンピュータ機器の販売、リース、保守業務を手掛けるシー・エル・シーの発行済株式の全てを取得し、子会社化すると発表した。なお、買取価額は2億4,720万円。取得価額はアドバイザリー費用などを含めて2億4,970万円だった。これに伴い発生したのれんの金額は現時点では確定していない。

買収理由

PCIホールディングスのIoT/IoE戦略では、シー・エル・シーの持つメインフレームソフトウェアの運用管理部門向けの高度な専門知識・技術や大型汎用機・周辺機器等に関する豊富な経験とノウハウが必要不可欠であり、PCIグループのITソリューション事業のビジネスソリューション分野において非常に有用である。また、両社の経営資源を相互に活用したサービスを提供することにより、大きなシナジー効果を創出することが可能となると判断したため買収に至った。

M&Aサマリー

2017.7.19 買い手企業 売り手企業
社名 PCIホールディングス株式会社 株式会社シー・エル・シー
属性 東証一部 非上場
業種事業内容 ITソリューション事業、半導体トータルソリュション事業 コンピュータ機器の販売、リース、保守業務
設立年 2005年4月 2002年6月
本社所在地 東京都江東区南砂2-1-12 東陽町スクウェアビル7F 東京都新宿区西新宿二丁目7番1号
社員数 870名 不明
資本金 10億3,741万円 1億円
直近の売上高 85億400万円 12億9,900万円
直近の営業利益 5億9,000万円 5,400万円
純資産 31億5,500万円 5億800万円
負債 12億2,300万円 13億6,700万円
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 24億9,700万円
※1.実質売却額 38億6,400万円
譲渡スキーム 株式譲渡(100%)
※2.想定回収期間 62.14
M&A理由 事業拡大 不明

1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社シー・エル・シーの概要

会社名:株式会社シー・エル・シー

代表取締役社長:生田 優二

本社所在地:東京都新宿区西新宿二丁目7番1号

株主構成:生田 優二 1,600株(40.0%) 増子 博和 680株(17.0%) 小野寺 俊昭 480株(12.0%) 福本 実 220株(5.5%) 住友 一博 220株(5.5%) その他 個人4名 800株(20.0%)