content_pasteM&A考察

操作スイッチ製造のIDECは、バーコード関係のソフト開発のウェルキャットを子会社化


2017年7月28日、操作スイッチや表示ランプ製造のIDECは、バーコード・RFID関係のソフト開発設計のウェルキャットの全株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、買取価額は5億9,100万円。取得価額はアドバイザリー費用などを含めて6億2,200万円。これに伴い発生したのれんは、2億6,500万円となり、10年間にわたる均等償却を行う。

買収理由

IDECは、ウェルキャットを当社の子会社とすることで、IDECが得意とする固定式リーダと、ウェルキャットが得意とするハンディターミナルのパッケージ化による販促力強化や、ソフトウェア開発によるRFID関連のシステム販売力強化、クライアントの相互紹介を通じた売上拡大を図るとともに、ウェルキャットと連携した生産コスト低減、海外展開における協業等を推進することで、シナジーの拡大を目指せるため買収に至った。

M&Aサマリー

2017.7.28 買い手企業 売り手企業
社名 IDEC株式会社 株式会社ウェルキャット
属性 東証一部 非上場
業種事業内容 操作スイッチや表示ランプ製品の製造、販売 バーコード・RFID関係のソフト及びハード開発設計、販売
設立年 1947年3月 1981年11月
本社所在地 大阪市淀川区西宮原2-6-64 東京都品川区大崎五丁目6番2号
社員数 3,911名 66名
資本金 100億5,600万円 1億500万円
直近の売上高 434億2,600万円 不明
直近の営業利益 35億4,700万円 不明
純資産 333億5,600万円 不明
負債 497億2,400万円 不明
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 5億9,100万円
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム 株式譲渡
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 事業拡大 不明

1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社ウェルキャットの概要

会社名:株式会社ウェルキャット

代表取締役:梅田俊郎

本店所在地:東京都品川区大崎五丁目6番2号

株主構成:不明