content_pasteM&A考察

中古不動産の雄トータルエステート、あかつき本社に実質約180億円で売却


M&A不動産

中古不動産の再生・リノベーションの雄トータルエステートグループ(以下TE社)の全株式を保有する株式会社トータルエステートホールディングスは、2017年4月5日に全株式をあかつき本社に売却した。株式取得の総額は 61 億円、継承する借入金を含めた買収総額は 180 億円程度になる予定。

あかつき本社は、本M&Aに関する資金調達として総額63億円程度の資金調達を予定している(無担保社債発行 10 億円、株主割当による新株予約権発行 23億円、銀行借入 30 億円)。

あかつき本社の買収目的

あかつき本社グループは金融事業や不動産事業とのシナジーを見込める分野の事業投資を軸に成長してきた。TE社グループの連結子会社化を通じ、社内の不動産ファンド事業とのシナジーを作るのが目的だ。今後の体制としては、現代表取締役社長の森川氏をはじめとした現経営体制を基本としながら、あかつき本社からも数名の取締役を派遣して経営をしていく予定とのこと。

M&Aサマリー

買い手企業 売り手企業
社名 株式会社あかつき本社 (株)トータルエステートホールディングス・トータルエステート・トータルテック・トータルエステート住宅販売
属性 上場企業 未上場企業
業種事業内容 証券業・不動産業 中古不動産の再生・リノベーション
設立年 2000年 1998年
本社所在地 東京都 東京都
社員数 174名 不明
資本金 35億1,207万円 40億円(グループ全体)
直近の売上高 53億円 298億円(グループ全体)
直近の営業利益 3億円 約11億円
財務状態 資産超過 不明
ディールデータ
売却額 180億円
譲渡スキーム 全株取得
買収スキーム LBO
M&A理由 事業シナジー、成長市場のリノベーション分野への参入 事業承継の可能性

 

トータルエステートグループの特徴

会社名:トータルエステートホールディングス

本社所在地:東京都港区

代表:代表取締役社長 森川 幸二

事業内容:中古不動産の再生・リノベーションについて、企画 から設計・施工までをトータルにプロデュース

備考:東京都、横浜市周辺部の 一次取得者層向けマンションを主な対象として事業を行っており、高品質のリノベーションを施しバリューアップした物件を「リノテック」ブランドにより販売している中古マンションのリノベーション事業としては最大手企業の一社である。来年には創業 20 周年を迎え、高成長が見込めるリノベー ションや中古住宅流通市場において、確固たる地位を築いている。
2期前は、営業利益11億5千万円から営業利益16億円と40%近い成長を見せたが、今期は11億2千万円と前年に比べると業績が悪化していた。