content_pasteM&A考察

コンテンツ開発のフィールズ株式会社が『マンガトリガー』運営のナンバーナインの株式取得


8月29日、フィールズは、電子マンガプラットフォーム事業を展開するナンバーナインの株式を取得すると発表した。フィールズは、ナンバーナイン社が第三者割当増資によって発行する普通株式(増資後の発行済株式総数に対する所有割合20%程度)を引き受ける予定と発表した。

株式取得理由

フィールズグループは収益力のあるコンテンツの創出・育成・事業化を進めており、コミック誌『月刊ヒーローズ』をインターネット領域においてさらに普及・拡散していくためデジタルコンテンツ化の推進、さらに新しい作家の発掘等によるコンテンツの創出・育成・事業化を行い、コンテンツ価値の向上と収益拡大を目指していくため、電子プラットフォーム事業を展開するナンバーナイン社の株式20%程度を第三者割当増資によって取得することとした。

またナンバーナインは堀江貴文氏がファウンダーとして参画しているiOS向け漫画アプリ『漫画トリガー』を運営しており、フィールズの政策ノウハウやIP(知的財産)を活用し、コンテンツ力及び開発体制の強化を図るためフィールズ株式会社を引受先とした第三者割当増資により2億円の資金調達を行う予定である。

M&Aサマリー

2017.8.29 買い手企業 売り手企業
社名 フィールズ株式会社 株式会社ナンバーナイン
属性 東証一部 非上場
業種事業内容 コンテンツ関連ビジネス・遊技機の企画開発及び販売 漫画のセレクトショップ『マンガトリガー』の開発・運営
設立年 1988年6月 2016年11月29日
本社所在地 東京都渋谷区南平台町16番17号 渋谷ガーデンタワー 東京都渋谷区桜丘町 15-3堀ビル 202
社員数 1652名 不明
資本金 79億4800万円 2500万円
直近の売上高 766億6800万円 不明
直近の営業利益 −53億7400万円 不明
純資産 432億2700万円 不明
負債 371億1700万円 不明
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム 第三者割当増資による株式取得(20%程度)
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 シナジー効果を期待 開発体制の強化

1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社ナンバーナインの概要

会社:株式会社ナンバーナイン

代表取締役:小林 琢磨

所在:東京都渋谷区桜丘町 15-3堀ビル 202

株主構成:不明

事業概要:漫画のセレクトショップ『マンガトリガー』の開発・運営