content_pasteM&A考察

武田薬品工業は保有する武田ラビックス社の全株式をハムリー社に譲渡


8月29日、武田薬品工業と医薬品等開発の非臨床試験の受託を行うハムリー社は、武田薬品が保有する武田ラビックスの全株式を、ハムリー社に譲渡すると発表した。

譲渡理由

武田ラビックスは武田薬品の全額出資により、実験動物の飼育管理、モデル動物の繁殖・供給、実験支援などを行っており、獣医師、薬剤師、実験動物技術者などの資格を有す、専門家集団として武田薬品の創薬研究をサポートしてきた。

武田薬品は、「オンコロジー(がん)」「消化器系疾患」「中枢神経系疾患」の3つの重点疾患領域と「ワクチン」へのさらなる特化、研究開発活動の日本及び米国への集約を通じ、研究開発体制の変革を行っており、武田ラビックスの将来の事業展開を慎重に考慮した結果、武田ラビックスと同様に実験動物業務に関する高い専門性を有し、なおかつ国内で幅広く同業務を展開するハムリー社に武田ラビックスの株式を譲渡することとしたと発表した。

M&Aサマリー

2017.8.29 買い手企業 売り手企業
社名 ハムリー株式会社 株式会社武田ラビックス
属性 非上場 非上場
業種事業内容 医薬開発品の安全・薬理・動態試験、非臨床試験の受託 実験動物の飼育・管理、病態モデル動物の生産・維持・管理、実験支援業務、GLP関連業務
設立年 1981年12月18日 1994年3月15日
本社所在地 茨城県古河市尾崎2683-2 神奈川県藤沢市村岡東2丁目26番地の1
社員数 211名 60名
資本金 5000万円 2000万円
直近の売上高 不明 不明
直近の営業利益 不明 不明
純資産 不明 不明
負債 不明 不明
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム 株式譲渡(100%)
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 技術の向上 経営資源の集中

1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

ハムリー株式会社の概要

会社:ハムリー株式会社

代表取締役:鈴木照雄

所在:茨城県古河市尾崎2683-2

株主構成:不明

事業概要:医薬品等の安全性試験、薬理試験、動態試験をはじめとする非臨床試験の受託、飼      

                    育管理業務および動物実験支援業務の受託等

武田ラビックス株式会社の概要

会社:武田ラビックス株式会社

代表取締役:西田信之

所在:神奈川県藤沢市村岡東2丁目26番地の1

株主構成:武田薬品工業株式会社(100%)

事業概要:実験動物の飼育・管理、病態モデル動物の生産・維持・管理、実験支援業務、GLP関連業務