content_pasteM&A考察

現役東大フードテックスタートアップ「ふらりーと」、オイシックスに売却


スタートアップM&A

オイシックス株式会社は、日本初のフードテック関連への投資・提携を行う投資部門「フードテックファンド」の第2号案件として、食のシェアリングエコノミー事業を手掛ける株式会社ふらりーとを完全子会社化することを発表した。売却額は非公開。売却までの期間は約1年だった。

ふらりーとは、主婦などの空き時間を活かした家庭料理のシェアリングサービスを手掛けている。オイシックスのサブスクリプション型(定期購入型)食品 E コマースとしてのプラットフォームや 13 万件以上の顧客データベースを含むプラットフォームを活用し、食の新しいスタイルの構築をすすめ、3 年後には月間流通総額 1 億円を目指していくとのことだ。主婦などの空き時間を活用した家庭料理のシェアリングサービス「ごふぁん」を提供予定で、2017 年 5 月末にベータ版サービスを開始し、2017 年秋には本格展開するという。

M&Aサマリー

買い手企業 売り手企業
社名 オイシックス株式会社 株式会社ふらりーと
属性 東証マザーズ 未上場企業
業種事業内容 Eコマース 飲食業/シェアリングエコノミー
設立年 2000年 2015年
本社所在地 東京都 東京都
社員数 226名 6名
資本金 38.67億円 200万円
直近の売上高 201.58億円 不明
直近の営業利益 7.74億円 不明
財務状態 資産超過 不明

ディールデータ

売却額 不明
譲渡スキーム 子会社化
M&A理由 シェアリングエコノミーへの参入・アクハイヤー(人材採用狙い) サービスの成長

 

代表取締役プロフィール

齋藤 大斗 株式会社ふらりーと代表取締役

1995 年生まれ、東京大学 3 年(現在休学中)

起業学生団体の代表を務め酒類会社と共同プロジェクトを成功させた後、Retty やTECH::CAMP で経験を積み、エンジニアリングや WEB サービスを学ぶ。2015 年 11 月、東京大学在学中に株式会社”ふらりーと”を設立し、翌年 5 月には共働き世帯向けの料理代行事業をリリース。

・TOKYO STARTUP GATEWAY2015: ファイナリスト選出

・KIRIN アクセラレータープログラム: 最優秀賞受賞