content_pasteM&A考察

ミドリムシのユーグレナ社、OEM取引先イースター社を株式交換で買収


ユーグレナM&A

ユーグレナ社は、OEM取引先をグループ内に取り込んで垂直統合するM&A戦略を推進しており、過去にユーグレナ・アート,エポラがユーグレナグループへの参画を果たしている。

イースター社はユーグレナ商品の OEM供給先であり、「ミドリムシ GOLD」などのユーグレナ商品およびその他の健康食品を、オンライン販売により全国の消費者に販売しております。

なお、ユーグレナの会社予想のPERは140.05倍と東証1部の平均である16倍を大きく上回り、株式交換でのM&Aが有効だったと考えられる。

M&Aサマリー

買い手企業 売り手企業
社名 株式会社ユーグレナ イースター株式会社
属性 東証1部上場企業 未上場企業
業種事業内容 バイオ・ヘルスケア・エネルギー 健康食品/Eコマース
設立年 2005年 2009年
本社所在地 東京都 東京都
社員数 211名 6名
資本金 48.62億円 1000万円
直近の売上高 111.03億円 3.34億円
直近の営業利益 6.93億円 2000万円
負債 7100万円 5600万円
純資産 133.42億円 3400万円

ディールデータ

売却額

3.22~3.76億円

※1.実質売却額

3.78~4.32億円

譲渡スキーム

株式交換による完全子会社化

※2.想定回収期間

17.2年

M&A理由

垂直統合

不明


※1.実質売却額=売却額+負債

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益