content_pasteM&A考察

コニカミノルタ、医療ITソリューション国内シェア拡大のためパナソニックメディカルソリューションズを買収


パナソニックメディカルソリューションズM&A

コニカミノルタ株式会社は、パナソニック ヘルスケア株式会社の子会社でPACS (Picture Archiving and Communication System:医用画像保管・管理システム)メーカーであるパナソニック メディカルソリューションズ株式会社(以下PHCMS)を子会社化した。売却額は非公開。

買収理由

コニカミノルタは、今回の買収により、次世代医療ITソリューションの国内展開拡大を加速し、国内医療IT市場でのプレゼンスを高めていくとともに、病院・クリニック市場に対して画像診断機器とITを組み合わせたソリューションを展開していく。

・PHCMSの販売チャネルおよび顧客ベースの獲得

・中小病院およびクリニック市場での国内PACS市場でのシェアと売上のさらなる拡大

・PHCMSの人材および画像処理技術の獲得により、医療IT事業の展開力強化、開発力強化、商品力強化

M&Aサマリー

2017.5.8 買い手企業 売り手企業
社名 コニカミノルタ株式会社 パナソニック メディカルソリューションズ株式会社
属性 東証1部上場企業 未上場企業
業種事業内容 電気機器,情報機器,ヘルスケア,産業用材料・機器 医療/医療システム
設立年 1936年 2000年
本社所在地 東京都 大阪府
社員数 43,979 名 不明
資本金 375.19億円 不明
直近の売上高 9625.55億円 不明
直近の営業利益 501,35億円 不明
純資産 5233.33億円 不明
負債 1855.12億円 不明
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム 100%売却
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 シェアの拡大 サービスの発展


※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益