content_pasteM&A考察

産業小型ボイラー大手三浦工業グループ、アイナックス稲本HDを111億円で買収


洗濯機 M&A

産業小型ボイラーで国内市場の5割超を占める三浦工業は、子会社であるMLEが、業務用洗濯機においてNo.1の実績を持つ総合商社アイナックス稲本ホールディングスの株式を100%取得し、子会社化すると発表した。なお、買収価格は、111億円である。ちなみにアイナックス稲本HD株はライジング・ジャパン・エクイティが保有していた。

三浦工業は同時に18年3月期の連結業績見通しを、売上高1100億円、営業利益118億円と公表している。

買収理由

三浦工業がアイナックス稲本HDを買収することにより、国内市場においてトップシェアを有する業務用洗濯機域へ参入し、新しい収益の柱の獲得を目的としたものである。ボイラーだけでなく、食品機械や医療用の滅菌装置など周辺機器を含めた一体販売に力を入れており、業務用の洗濯機や乾燥機をその製品群に加える狙いだ。

M&Aサマリー

2017.5.11 買い手企業 売り手企業
社名 三浦工業株式会社 株式会社アイナックス稲本ホールディングス
属性 東証1部 非上場
業種事業内容 製造業/産業小型ボイラー 卸・商社/業務用洗濯機の販売
設立年 1959年 1970年
本社所在地 愛媛県 東京都
社員数 2,898名 163名
資本金 95億4,400万円 1億円
直近の売上高 1025.49億円 188億円
直近の営業利益 1057.7億円 17億円
純資産 1122.7億円 43億円
負債 307.38億円 109億円
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 111億円
※1.実質売却額 220億円
譲渡スキーム 三浦工業株式会社100%
※2.想定回収期間 10.4年
M&A理由 技術力  


※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

アイナックス稲本ホールディングスの概要

会社名:アイナックス稲本ホールディングス

代表取締役社長:佐々田和男

本社所在地: 東京都品川区大崎5-1-11住友生命五反田ビル7F

資本金: 1億円

株主構成:ライジング・ジャパン・エクイティ第一号投資事業有限責任組合100%