content_pasteM&A考察

九州医療機器販売トップの山下医科器械、同業のトムスを9.2億円で買収


医療機器 M&A

2017年5月16日九州地盤の医療機器販売会社の山下医科器械械株式会社は、透析装置などの医療機器・器具販売の株式会社トムスの発行株式を全て取得し、子会社化すると発表した。取得価格は、9.2億円。M&Aアドバイザリーに支払う取得費用は1500万円である。

買収理由

山下医科器械は、透析分野を専門的に扱うトムスを子会社化することにより、医療機関の多様で専門的なニーズに応えることができる体制を構築する。

考察

医療機器市場規模は平成16年以降増加し、平成26年は過去最大の約2.8兆円となっている。対前年伸び率は年によって増減しているが、平成6年から26年までの平均伸び率は約3.0%であり、景気の影響を受けにくい安定市場と言える。また、山下医科器械の営業利益率は1.14%に対し、同業他社のトムスの営業利益率は約0.50%と2倍以上の改善の余地があると言える。

今回M&Aクラウドが定めている想定回収期間は、10.46年で回収期間としては相場よりも長いが、利益が改善すれば回収期間は半分以下になると考えられる。また、さらに市場の安定性と伸び率を考えると妥当なM&Aだったのではないかと推定できる。

M&Aサマリー

2017.5.16 買い手企業 売り手企業
社名 山下医科器械株式会社 株式会社トムス
属性 東証1部 非上場
業種事業内容 医療機器/医療機器販売・リース、理化学機器の販売 医療/医療機器販売
設立年 1926年8月 1987年2月
本社所在地 福岡市 広島県
社員数 510名 500名(海外グループ含む)
資本金 4億9,402万円 1000万円
直近の売上高 516.15億円 30.18億円
直近の営業利益 5.84億円 1500万円
純資産 59.93億円 18.91億円
負債 127.32億円 11.13億円
代表的な免許・知財 不明 不明
売却額 9.2億円
ディールデータ
※1.実質売却額 20.48億円
譲渡スキーム 株式100%譲渡
※2.想定回収期間 10.46年
M&A理由 スケールメリット  

※1.実質売却額=売却額+負債+取得費用 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社トムスの概要

会社名:株式会社トムス

代表取締役社長:中村正則

本社所在地: 広島県廿日市市阿品4丁目24-31

資本金:1000万円

株主構成:中村正則 40.0% 中村多鶴子 11.0% その他個人株主 13 名 49.0%