content_pasteM&A考察

ニューホライズンキャピタル、IHIシバウラの防災事業を譲受けし新興国へ


pexels-photo-260367

IHIの100%子会社であるIHIシバウラの防災事業を売却し、ニューホライズンキャピタルが運営するニューホライズン2号投資事業有限責任組合が譲受をすると4月24日に発表した。新会社シバウラ防火製作所を設立し、60人が移籍し、7月から株式会社シバウラ防災製作所を新設し稼働する。買収金額は不明。

買収理由

消防用ポンプを始めとした防災製品販売ではトップシェアで、国内では官公庁、地方自治体及び消防団等と長期かつ安定した取引関係を構築しており、ニューホライズンキャピタルの海外ネットワークを用いて新興国でのシェアを拡大するとしている。

考察

自然災害は世界的に増加傾向にあり、2012年の被害総額は14兆円に達した。また、気候変動による影響も顕在化しており、世界各地にて洪水などの気象災害のリスクが今後増大することが予測される。このうち、アジア地域の被害は、世界全体の被災者数の約9割、被害額で約5割に達する。防災事業がアジア地域で成長産業になることは明白だ。

M&Aサマリー

2017.4.24 買い手企業 売り手企業
社名 ニューホライズンキャピタル株式会社 株式会社IHIシバウラ
属性 非上場 非上場
業種事業内容 金融/プライベートエクイティ 製造/防災事業
設立年 2006年10月 1950年4月
本社所在地 東京都 長野県
社員数 不明 478名
資本金 不明 11.11億円
直近の売上高 4.32億円 288億円
直近の営業利益 0.33億円 不明
純資産 不明 不明
負債 不明 不明
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム IHIの防災事業を譲受。100%出資で新会社設立
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 海外進出 カーブアウト

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社IHIシバウラの概要

会社名:株式会社IHIシバウラ

代表取締役社長: 代田 精一

本社所在地: 長野県松本市石芝1丁目1番1

資本金:11.11億円

株式会社シバウラ防災製作所(新会社)

会社名 : 株式会社シバウラ防災製作所

代表者 : 代表取締役社長 代田 精一(予定)

所在地 : 長野県松本市南原 1 丁目 3 番 10 号(予定)

事業内容:消防ポンプ、消防車、消防機器、保安ポンプ、非常用浄水装置等の開発・製造・ 販売

株主構成:ニューホライズンキャピタル100%