content_pasteM&A考察

アント・キャピタル・パートナーズ、自動車部品老舗の協立製作所を買収


自動車部品 買収

アント・キャピタル・パートナーズはアント・ブリッジ4号A投資事業有限責任組合とセレンディップ・コンサルティングと共同で設立した合弁会社を通して、2017年3月31日に自動車部品の株式会社協立製作所の全株式を買収した。買収金額は不明。

買収理由

協立製作所は板金加工技術を用いて自動車・二輪車部品の製造を行っており、三重県鈴鹿市に工場を持ち、CADによる設計から、鋳造やマシニング加工、組み付けまで、自社で一貫して行うことで競合他社に比べて大幅な納期の短縮を実現している。

M&Aサマリー

2017.3.31 買い手企業 売り手企業
社名 アント・キャピタル・パートナーズ株式会社 株式会社協立製作所
属性 未上場 未上場
業種事業内容 金融/プライベートエクイティ 製造/自動車部品
設立年 2000年10月 1958年4月
本社所在地 東京都 三重県
社員数 48名 25名
資本金 30.86億円 1800万円
直近の売上高 22.61億円 不明
直近の営業利益 2.59億円 不明
純資産 72.28億円 不明
負債 5.36億円 不明
代表的な免許・知財 不明 不明
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム 合弁会社を通じて株式の100%取得
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 不明 事業承継

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社協立製作所の概要

会社名:株式会社協立製作所

代表取締役社長: 豊田 秀行

本社所在地: 三重県鈴鹿市末広西8-1

資本金:18,000千円

株主構成:不明