content_pasteM&A考察

京阪ホールディングス、京都地盤の住宅事業を営むゼロ・コーポレーションを買収


住宅 M&A

東証1部上場で京阪間と滋賀が地盤の私鉄である京阪ホールディングスは、京都最大級の建売住宅事業を展開しているゼロ・コーポレーションの株式を取得し、子会社化すると発表した。取得価格は、非公開。

買収理由

京阪グループは、ゼロ・コーポレーションの有する既成市街地の開発のノウハウを吸収することにより、これまで京阪グループが行っていた大規模ニュータウン事業だけでなく、多様な街づくりをしていくことを狙うという。

考察

野村総合研究所の2025年の住宅市場レポートによると、新設住宅着工数は今後数年間は90万戸で推移するが、2025年には60万個に減少する見通しで、住宅事業者はどう生き残りをしていくかが求められてきている。今回のM&Aは中期的な生存戦略だったのではないだろうか。

M&Aサマリー

2017.5.30 買い手企業 売り手企業
社名 京阪ホールディングス株式会社 株式会社ゼロ・コーポレーション
属性 東証一部 未上場
業種事業内容 陸運業/運輸業,不動産業 建築/注文住宅の建築、不動産
設立年 1949年 1981年
本社所在地 大阪府 京都府
社員数 133名 163名
資本金 514億6,641万6,776円 8000万円
直近の売上高 302,917百万円 12,157百万円
直近の営業利益 32,343百万円 355百万円
純資産 203,455百万円 800,331千円
負債 679,631百万円 9,833,322千円
代表的な免許・知財
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム                                  不明
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 新たな収益事業の獲得 生存戦略


※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社ゼロ・コーポレーションの概要

会社名:株式会社ゼロ・コーポレーション

代表取締役社長:金城一守

本社所在地:京都府京都市北区紫野上野町108-1

資本金:8,000万円

株主構成:株式会社ゼロホールディングス 100%