content_pasteM&A考察

独立系VCのFVC、リメイク映画プロデュース会社を産業革新機構から買収


ahmet-yalcinkaya-84327

東証ジャスダック上場で独立系ベンチャーキャピタルのフューチャーベンチャーキャピタル(以下、FVC)は、日本国内のコンテンツのハリウッド・リメイクの共同プロデュース事業を行うAll Nippon Entertainment Works(以下、ANEW)の株式を取得し、連結子会社すると発表した。金額は非公開。

買収理由

FVCは、強みである投資分野をANEWと組み合わせることにより、日本のコンテンツをグローバルに輸出し、新たな収益源として企業価値の向上を見込むという。

M&Aサマリー

2017.5.30 買い手企業 売り手企業
社名 フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 株式会社 All Nippon Entertainment Works
属性 東証ジャスダック 未上場
業種事業内容 証券/ベンチャーキャピタル サービス/日本国内のコンテンツのハリウッド・リメイクの共同プロデュース事業
設立年 1998年 2011年
本社所在地 京都府 東京都
社員数 33名 163名
資本金 1,942百万円 1,115百万円
直近の売上高 365百万円 不明
直近の営業利益 △650百万円 不明
純資産 3,184百万円 不明
負債 400百万円 不明
代表的な免許・知財
ディールデータ
売却額 不明
※1.実質売却額 不明
譲渡スキーム                                  不明
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 企業価値の向上

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社 All Nippon Entertainment Worksの概要

会社名:株式会社 All Nippon Entertainment Works

代表取締役社長:藤永裕二

本社所在地:東京都港区虎ノ門4-1-17

資本金:1,115百万円

株主構成:株式会社産業革新機構99.6%