content_pasteM&A考察

流通向けソフト開発のヴィンクス、システムコンサルのエリアを8億円で買収


StockSnap_O1RZV5B8LI

東証2部上場で小売り・流通向けソフト開発のヴィンクスは、システムコンサルティングのエリアの株式を53.33%取得し、子会社化すると発表した。取得価格は、8億円。取得費用は、2,653千円。

買収理由

ヴィンクスは、今回の買収によって両社の保有する顧客基盤やノウハウを有効活用し、事業規模の拡大や企業価値の向上を見込むという。ヴィンクスの業績は直近3年間業績が伸びていなかった。2017年度には業務システムのホロン、AIファッションコーディネートの「SENSY」を運営するカラフル・ボード社といったベンチャー企業とも資本業務提携をし、新領域への開拓へ積極的な姿勢を見せている。

M&Aサマリー

2017.6.2 買い手企業 売り手企業
社名 株式会社ヴィンクス 株式会社エリア
属性 東証二部 未上場
業種事業内容 情報通信/ソフトウェア開発、システムコンサルティング 情報通信/システムコンサルティング、業務改革コンサルティング
設立年 1991年 1996年
本社所在地 東京都 東京都
社員数 単体1,053名、連結1,290名 不明
資本金 5億9,603万円 1,500万円
直近の売上高 27,430百万円 371,782千円
直近の営業利益 1,309百万円 40,203千円
純資産 7,421百万円 721,038千円
負債 8,610百万円 43,861千円
代表的な免許・知財
ディールデータ
売却額 8億円
※1.実質売却額 846,514千円
譲渡スキーム                                  普通株式の53.33%取得
※2.想定回収期間 不明
M&A理由 事業シナジー

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

株式会社エリアの概要

会社名:株式会社エリア

本社所在地:東京都豊島区東池袋三丁目4番3号 NBF池袋イースト8階

資本金:1,500万円