content_pasteM&A考察

物流のヒガシトゥエンティワン、官公庁向け倉庫業運営会社を5.3億円で買収


スクリーンショット 2017-09-22 13.51.07

東証二部上場で物流を基幹事業とする株式会社ヒガシトゥエンティワンが平成29年6月21日、官公庁向けの倉庫事業を展開する株式会社イシカワコーポレーションを買収し、子会社化することを発表した。全株式の譲渡は予定通り平成29年7月6日付けで完了した。なお、金額は5.3億円。長期借入による資金及び自己資金により充当した。

今回の買収によりイシカワコーポレーションはヒガシトゥエンティワンの車両・倉庫と営業網を利用することが可能となり、効率的な事業運営の実現や事業拡大が見込まれる。

買収理由

株式会社イシカワコーポレーションは官公庁向けの厳しいセキュリティが求められる書類保管、梱包、発想を通じて培ってきた信用とノウハウがある。吸収することで新たな分野での事業展開が可能になると判断し、株式会社イシカワコーポレーションの全株式を取得する決議に至った。

中長期経営戦略

ヒガシトゥエンティワンは平成29年度の有価証券報告書で「業容の拡大」と「品質の向上」を中長期的な重要経営目標としており、同業他社との業務提携や人材採用を積極的に推進していくという。とりわけ成長領域(オフィス移転サービス、首都圏、3PL事業、介護事業等)には人材シフトやM&Aも含め積極的な取組みを進めていくと報告した。

M&Aサマリー

2017.7.6 買い手企業 売り手企業
社名 株式会社ヒガシトゥエンティワン 株式会社イシカワコーポレーション
属性 東証二部 未上場
業種事業内容 物流を基幹事業にIT機器サポート、福祉用具レンタル卸事業、オフィス環境向上サポート 官公庁向けの書類保管、梱包、発送を中心とした倉庫事業
設立年 1944年 1950年
本社所在地 大阪府 東京都
社員数 522人(平成29年4月1日現在) 不明
資本金 9億2,701万円 1,000万円
直近の売上高 194億4,399万円 14億4,800万円
直近の営業利益 6億7,029万円 9,200万円
純資産 71億5,091万円 2億2,300万円
負債 51億3,052万円 2億4,700万円
代表的な免許・知財
ディールデータ
売却額 5.3億円
※1.実質売却額 5.06億円
譲渡スキーム                             株式譲渡 発行済株式100%の取得
※2.想定回収期間 5.5年
M&A理由 事業シナジー創出による事業拡大 事業シナジー創出による事業拡大

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

有限会社イシカワコーポレーションの概要

会社名:株式会社イシカワコーポレーション

代表取締役社長:寺田 大介

本社所在地:東京都江戸川区中葛西五丁目 32 番8号圭盟ビル4・5階

資本金:1,000万円

株主構成:不明