faceノウハウ

本当にその業者でいいの?M&A仲介業者の見極めのコツ「売却編」


M&Aの業者選び

会社や事業を売却するのは、結婚、家を買うこと以上に重要なライフイベントです。M&Aをするには免許も必要ないため、悪徳な業者も多くいます。今回は、自社にあったM&A仲介業者の見極めのコツを紹介します。

1.単なるブローカーかどうか見極める

M&Aコンサルタントと名乗る、買い手に直接伝手がない単なるブローカーのようなM&Aコンサルタントも多くいます。そういった業者は、いろんな業者に情報をばらまき、買い手を直接有しているM&Aコンサルタントと繋いで終わりという場合も多く、さらにコンサルティングができないような人も実際いるのです。

実際に過去にどんなM&Aを行い、過去の具体的なコンサルティング内容をよく聞くことが重要です。

2.契約書が中途半端な業者はNG

実際にお客様から、M&A業者のセカンドオピニオンとしてお問い合わせがあった際のケースです。秘密保持契約を交わさずに決算書などの情報を求めてきたというケースもあります。財務情報を開示する前に秘密保持契約をしっかり結びましょう。

3.着手金だけもらって何もしない

M&Aにおいて、着手金・中間金を取る業者も多くいます。大きな業者になるほど着手金を取る業者が多く、金額的には100~300万円が一般的です。この着手金で、1年間買い手企業を探すという名目で契約したものの、一向に買い手企業を紹介してくれないというケースもあるのです。

4.最低報酬に要注意

M&Aでは、売却額に関係なく、最低いくらもらいますという契約が一般的です。一人でやられているような会社であれば100~300万円、大手ですと1000~2000万円という金額が相場になります。

5.レーマン方式を見極める。

M&Aでは、レーマン方式と言われる売却額に応じた手数料がかかることが一般的です。

5億円以下の部分 5%
5億円超10億円以下の部分 4%
10億円超50億円以下の部分 3%
50億円超の部分 2%


売却額をベースとしたレーマン方式の場合、仮に8億円で売却が決まった場合、5億円×5%+3億×4%=3700万円が支払う手数料になります。

業者によっては、総資産(時価)にレーマン方式を適用する業者もいます。何の金額に対するレーマン方式なのか?また、業者によっては10億円以下の部分まで5%としている業者もあり、5億円以下の部分まで5%としている業者と比べて500万円ほど高くなります。手数料の部分はしっかり見極める必要があります。

6.PMIの経験がある

PMIは、Post Merger Integrationの頭文字を取った言葉で、いわゆるM&A後の統合のことです。実際に売却後会社の文化的・組織的統合のコンサルティングまでやっている会社も少ないですがいます。売却後に買い手企業とうまく統合できず、人が大量にやめるということもあるため、PMIの知識を有しているM&A業者は売却後の組織がどうすれば、Happyになるかアドバイスできるのでオススメです。

7.相続税や税金の仕組みに強い

事業承継のM&Aを考えている方であれば、相続税や節税に詳しいM&Aアドバイザーを選びましょう。税理士会計事務所系のM&A業者であれば、深い知識を持っているところが多いでしょう。

8.買い手のネットワーク数

大手のM&A業者は、銀行や会計事務所、投資ファンドと提携しており幅広いネットワークを有しています。多くの買い手と検討したい際は、大手の業者を選ぶことも良いでしょう。

9.得意な業種・内容(再生や事業承継など)

会社やコンサルタントによって、得意な業種や内容があります。M&Aは、業種・内容毎に、深い知識や経験を求められることから過去に同じような案件を経験しているかどうかは非常に重要です。会社としては幅広く取り組んだ実績がある会社でも、コンサルタントはその業種をやったことがないという場合もあるので、慎重に選びましょう。

10.現状何件の案件を抱えているか

会社を売却する際は、レスが早いかどうか、相談できる機会がどれくらいあるかが重要です。中にはノルマの厳しい業者もあれば、コンサルタントの数が少なく、手が回っていない業者もいます。コンサルタントが何件並行してコンサルティングしようとしているか注意しましょう。目安としては10件以上抱えている場合は過剰といっても良いでしょう。