content_pasteM&A考察

フォーシーズホールディングス、カラコン卸子会社を従業員がMBO


スクリーンショット 2017-10-19 13.40.40

東証二部上場で株式会社フォーシーズホールディングスは平成29年6月29日の取締役会で、連結子会社であるクレイトン・ダイナミクス株式会社の株式及び、孫会社である株式会社プランAの株式を、クレイトン社の従業員である友成聖氏に譲渡することを発表した。譲渡価額は1億100万円。

クレイトン社は平成26年2月に設立され、カラーコンタクトレンズや化粧品の卸販売を行ってきた。株式会社フォーシーズホールディングスと経営統合したあとも順調に業績を伸ばしてきたが、平成28年に売掛金の回収遅延が起きてフォーシーズホールディングスの決算発表延期の原因になっていた。

株式譲渡の理由

クレイトン社の売掛金回収遅延をきっかけに与信管理を厳格化して取引先の見直しを行い、取引先からの発注についても縮小せざるを得ない状況が多くなった。こうした状況のもとクレイトン社の営業本部長であった友成氏からマネジメント・バイアウトの打診を受けて協議を行った結果、マネジメント・バイアウトの申出を受けることが、双方の成長につながると判断したため、株式譲渡をする決議となった。

フォーシーズホールディングスは今回の売却で、子会社株式売却益 108,459 千円を特別利益として計上した。

M&Aサマリー

2017.6.30 買い手企業 売り手企業
社名 友成聖(個人) クレイトン・ダイナミクス株式会社
属性 未上場 未上場
業種事業内容 カラーコンタクトレンズ及び化粧品の卸販売 カラーコンタクトレンズ及び化粧品の卸販売
設立年 2014年
本社所在地 福岡県
社員数 不明
資本金 5,800万円
直近の売上高 19億1,200万円
直近の営業利益 8,000万円
純資産 1,100万円
負債 8億8,400万円
代表的な免許・知財
ディールデータ
売却額 1億100万円
※1.実質売却額 9億8,500万円
譲渡スキーム                             マネジメント・バイアウト
※2.想定回収期間 12.31年
M&A理由 経営の自由度拡大と抜本的経営改革の推進 経営の自由度拡大と抜本的経営改革の推進

※1.実質売却額=売却額+負債 本来は、左記に現預金を引くのが通例だが、現預金データがないため考慮していない。

※2.想定回収期間=(実質売却額-純資産)÷営業利益

クレイトン・ダイナミクス株式会社 の概要

会社名: クレイトン・ダイナミクス株式会社

代表取締役社長: 友成 聖

本社所在地:福岡県福岡市中央区天神2-8-41 福岡朝日会館6F

資本金:5,800万円

株主構成:株式会社フォーシーズホールディングス:100%